Monthly Archives: 5月 2015

すべてのレイヤーが稼働しなくてはならないサーバのためのネットワーク監視

ネットワークサーバの複雑さ

サーバの稼動を考えたときに、サーバのハードウェアがおかしくなっても、サーバで稼動しているアプリケーションまたは、アプリケーションとネットワークをつなぐ部分の動作がおかしくなっても、ネットワークそのものや接続先とのリンクがおかしくなっても、「サーバが異常」という現象になってしまいます。そこで、すべてのレイヤーに対する監視が必要になってきますが、大規模なシステムでなければ、あまり多くの人を監視に割くわけにもいきません。そこで、監視サーバや、アプリによるネットワーク監視が必要になってきます。サーバ側に、状態ログを出力するアプリを導入すれば、サードパーティーによる集中監視も可能になります。

ハードウェア異常に対する監視と対処

ハードウェアの異常に対しては、単純な手法としては、監視サーバから、各サーバへpingを打ち込み、それに対して返事が来るかを監視する方法が考えられます。ただし、その場合、ハードウェアの一部に不具合があるものの、ハードウェアとしては動作している状況を見つけることはできません。そこで、さらにアプリを導入し、接続されているハードウェアの動作チェックを定期的に行いながら、その結果を監視サーバへ返す方法が考えられます。重大な異常でなければ、業務時間に対処することができますが、もし、重大な異常の場合、別のサーバに業務分散をさせて、業務時間になってから、当該サーバの復旧を図る方法が考えられます。

アプリケーション異常に対する監視と対処

サーバにおけるアプリケーションの異常を監視する方法として、監視サーバ側から、アプリケーションにタスクを提供し、正しい処理結果が返ってくるかを監視する方法が考えられます。もし、異常があった場合、単純なハングアップ等であれば、監視サーバ側から、アプリケーションや、サーバの再起動を行わせるという対処法が考えられます。また、何者かによって改ざんされことが原因と思われる異常であれば、監視サーバ側から従来のアプリケーションを自動でインストールし、動作させる方法も考えられます。また、ネットワーク層の異常については、可能であれば、通信会社のマターとなるようにすると維持コストもかからなくて済みます。

ネットワーク監視の仕事は、ネットワークの保守や点検も含まれており、ネットワークに何らかのトラブルにが起こった際にすぐに対処する仕事となっています。

パソコンで効率良くお小遣い稼ぎができるインターネットオークションの出品テクニック

値下げ交渉機能を設定

インターネットオークションは、さまざまな機能がついているもので、それを上手く使うことで、落札率をアップさせることができる場合があります。例えば、覚えておくと便利な機能の一つが、値下げ交渉機能です。これを設定しておくと、値下げ交渉に応じると言うことが、出品ページに表示されることになります。そうすることで、購入の意思があるがちょっと高いと感じている人から「このぐらいの金額でいかがですか」と言った交渉が行われます。多少価格が下がるとは言え、納得の範囲であれば、取引を成立させられますから、とても便利です。

即決価格を設定してみる

インターネットオークションでは、出品期間と言うものがあります。長いものだと6日、7日と続くことになり、欲しい商品があっても、その期間またなくてはなりません。しかも、自分のつけた金額を上回る金額で入札する人がいれば、手に入らなくなってしまいます。それを回避したい人にアピールするために「この金額であればすぐに取引できます」と言う即決価格を設定しておくのです。大して金額が上がらないと思う出品物であれば、これを設定しておくのも一つの方法です。

送料無料の設定をしてみる

インターネット上の取引となると、気になるのが送料です。商品の落札価格とは別に送料がかかり、場合によっては落札価格以上の送料がかかることがあるなど、気にかけるのが煩わしい場合もあります。そこでできる工夫が、送料無料の設定です。これは、出品者が送料を負担することにして出品をする方法です。もちろん、それにより収支がマイナスになるようなことがあっては意味がありませんから、利益が出るように設定する必要はありますが、なかなか良いお得感をアピールすることができます。

中古パソコンは、新品のパソコンが一旦流通されたもので、値段的にもとても魅力があるものです。それを専門に扱っている業者もあるので、アフターサービスも受ける事ができます。