シックな雰囲気作りに!LED電球を効果的に使う

By | 2015年5月27日

ビジネスが捗る明かり選び

大人な雰囲気の飲食店や、アート作品が壁を飾る喫茶店など、雰囲気のあるお店作りにLEDライトは効果的にお手伝いできるアイテムです。LEDライトの光は、蛍光灯や白熱球に比べクールな色調であり、色のメリハリが効いています。また、輝度が抜群に高いので、少ないワットで明るく照らしてくれます。天井から床へ向けて明かりを灯す従来の方法ではなく、下から上に向けて、あるいは壁に向けて光を照らす間接照明でも十分に明かりを取れるので、お店の雰囲気をガラリと変えてくれること間違いありません!

スポットライトで効果的に演出

お店の壁に写真やポスター、絵画などのアートを飾る場合、LED電球をスポットライトとして活用すれば、お店が簡易ギャラリーへと変貌するでしょう。LEDライトは狭角のものも売っており、角度が10度前後のスポットを使えば、一点に集中して光を当てることができます。スポットライトは強い光であり、アート作品に当たった後反射した光でも十分周りが明るくなります。周りに余計な明かりを使わずに済むのでお店の雰囲気が壊れませんよ。

ムーディーな色の演出もLEDの得意分野

LEDライトには1000万色以上のカラーバリエーションがあり、ほとんど無限に色を楽しめます。お店のムード作りに色は大切な要素で、壁や床の色だけではなく、照明でも色を作ることによって、よりディープなムードを演出できます。また、一色にこだわらず様々な雰囲気を楽しみたいときは、時間によって色が変わるライトなどもありますよ。その日の気分や曜日によって演出を変えることで、お客様もいつも新鮮な気持ちでくつろぐことができるかもしれません。

節電に大きく関わる電球、毎日使うものだけに重要に考えたいですね。LED電球なら、同じ明るさでも消費電力はとても小さく長持ちするのでオススメです。