Monthly Archives: 5月 2015

自宅で印刷するなら!コピー用紙の選び方はどうしたらいい?

自宅で使うコピー用紙はどのサイズを選べばいい?

オフィスだけではなく、プリンターがあるお宅も珍しくはなく、必要な申し込み用紙などの書類もダウンロードして印刷ができるので、コピー用紙を常備している方も多いのではないでしょうか。コピー用紙は比較的安価で、購入しやすく、事務用品店だけでなく、ホームセンターやスーパーマーケットでも販売されています。比較的使われることが多いのはA4サイズやB5サイズですが、最近では官公庁で書類のサイズがA4で統一されることが多いのと、自宅用に使われるプリンターで対応している最大限のサイズがA4の物が多いことからA4サイズが主流になってきています。どちらか1種類を選ぶならば、A4を選ぶとよいでしょう。

サイズ以外にコピー用紙にはどういう違いがある?

コピー用紙はサイズ以外にも、メーカーによって様々な違いがあり、コピー用紙の包装紙に薄さや色味の度合いが記入されています。イラストやプレゼンの資料に使うなど、発色の良さをいかしたい場合は、白色の度合いが高い用紙を選ぶとよいでしょう。官公庁に提出する書類に使いたい場合は、上質な適度に厚みのある高級紙を選び、子供さんの写真の印刷に使いたい場合は、厚手で丈夫なフルカラー印刷の専用紙にすると、発色良く仕上がりますよ。環境に気を使う方ならリサイクル紙、膨大な書類の保管をするなら薄手の用紙を選ぶと、コンパクトに収納できますね。

プリンター別コピー用紙選びに気をつけることは?

家庭でよく使われるプリンターはインクジェットプリンターが一般的ですが、ごく一部ではレーザープリンターを購入する方もいますね。インクジェットプリンターは、インクをノズルから霧状に噴射して印刷しますので、インクの滲みや裏写りがすることがあり、両面印刷には適していない場合があります。気になるようでしたら薄手のコピー用紙ではなく、ある程度厚みのある用紙を使ってください。ただ、レーザープリンターのように熱が伴わないので、光沢のある加工が施されている等の特殊加工がされているコピー用紙を使用することができます。レーザープリンターをお使いの方は、熱の力で印刷時に特殊加工が溶けてしまいますので、そのようなコピー用紙を使わないようにしましょう。

会社ではもちろんですが、最近は自宅でもコピー用紙を利用する機会が増えました。まとめて購入することで格安で手に入りますので、少しでも安い値段で手に入れましょう。

シックな雰囲気作りに!LED電球を効果的に使う

ビジネスが捗る明かり選び

大人な雰囲気の飲食店や、アート作品が壁を飾る喫茶店など、雰囲気のあるお店作りにLEDライトは効果的にお手伝いできるアイテムです。LEDライトの光は、蛍光灯や白熱球に比べクールな色調であり、色のメリハリが効いています。また、輝度が抜群に高いので、少ないワットで明るく照らしてくれます。天井から床へ向けて明かりを灯す従来の方法ではなく、下から上に向けて、あるいは壁に向けて光を照らす間接照明でも十分に明かりを取れるので、お店の雰囲気をガラリと変えてくれること間違いありません!

スポットライトで効果的に演出

お店の壁に写真やポスター、絵画などのアートを飾る場合、LED電球をスポットライトとして活用すれば、お店が簡易ギャラリーへと変貌するでしょう。LEDライトは狭角のものも売っており、角度が10度前後のスポットを使えば、一点に集中して光を当てることができます。スポットライトは強い光であり、アート作品に当たった後反射した光でも十分周りが明るくなります。周りに余計な明かりを使わずに済むのでお店の雰囲気が壊れませんよ。

ムーディーな色の演出もLEDの得意分野

LEDライトには1000万色以上のカラーバリエーションがあり、ほとんど無限に色を楽しめます。お店のムード作りに色は大切な要素で、壁や床の色だけではなく、照明でも色を作ることによって、よりディープなムードを演出できます。また、一色にこだわらず様々な雰囲気を楽しみたいときは、時間によって色が変わるライトなどもありますよ。その日の気分や曜日によって演出を変えることで、お客様もいつも新鮮な気持ちでくつろぐことができるかもしれません。

節電に大きく関わる電球、毎日使うものだけに重要に考えたいですね。LED電球なら、同じ明るさでも消費電力はとても小さく長持ちするのでオススメです。